飲食店情報

利き酒処336の口コミ!清水寺周辺の立呑みバーに寄り道…!

利き酒処336

こちらは、利き酒処336の口コミページです。

清水寺散策の途中で「利き酒処336」と言う立呑みのお店を見つけました。
今回は「利き酒処336」に寄り道した時のことを口コミしたいと思います。

「利き酒処336」(ききざけどころ さんさろ)と読みます。
京都清水寺に続く五条坂と茶わん坂の途中の三叉路に「利き酒処336」があります。

利き酒処336玄関
三叉路…336!クスッと来ます。(笑)カウンターのみの立呑みスタイルですね。
利き酒処336は、伏見の蔵元 キンシ正宗式会社が全面的にバックアップしている、立呑みスタイルのお洒落なバーです。

336カウンター1古民家(京町屋)をリノベーションしてお洒落にしたお店ですよ!
京都らしさと、今風の洒落た感じの融合加減がいいですね。
では、早速紹介したいと思います!

利き酒処 336 (ききざけどころ さんさろ)概要

まずは、利き酒処336のお店について紹介しましょう!

店舗名 利き酒処336 金鵄正宗特約店
所在地 京都府京都市東山区白糸町東山区白糸町572-3
電話番号 075-741-6996
営業時間 11:00-19:00(LO 18:30)
※清水寺夜間拝観時等…行事により変動有
予約 立呑みの為予約は無
定休日 年中無休
アクセス 京阪京都本線 清水五条駅 徒歩約5分
公式サイト https://www.facebook.com/336.sansaro/

利き酒処 336の店内の様子

清水寺に向かう途中の三叉路の丁度真ん中の好立地にあるので、良い意味で嫌が応にも目に入ります。
五条坂の方からも、茶わん坂の方からも店内の様子が良く見えます。

思わず吸い寄せられるように、店内に足を入れてしまいました。
五条坂を背中に、茶わん坂が正面入り口になっています。

店内は五条坂側が壁で、コの字型のカウンター席のみ!完全立呑みスタイルです。

336コの字型カウンター
お洒落なお店なので、どこから見ても、そこから切り取っても画になります!

336お洒落内装

古い京町屋をリノベーションして、2016年5月に開店したという利き酒処336ですが、一見、今流行りのタピオカを使ったジュースのお店かと思うほどの、ポップでお洒落な造りお店です。

梁や柱もそのまま剥き出しなのに、何故か…カッコいいのは何故でしょう?
清水寺に来たら、その肉眼で確認した方がいいですよ。このカッコよさは、癒されますから!
(本当に美男美女並みに目の保養です!)

そんな利き酒処336の本業を忘れてはいけません!ここは、お店の名前の通り酒場ですから。
ここに来たら、遠慮なくお酒を注文して下さい。

先に述べたように…利き酒処336はキンシ正宗株式会社の全面バックアップを受けていますから、色々なお酒が頂けます!
定番メニューからその日のおススメメニュー、季節限定メニューまで!
あっ! 言っておきますけど…ランチメニューじゃありませんからね(汗)
あくまでも、お酒の話ですので…悪しからず!

336カウンター2

ええっ?お薦めですか?そうですね…。

せっかくなので、京都の銘酒の…ここ清水寺の利き酒処336でしか頂けないお酒は いかがです?

利き酒処336の売りは、勿論!キンシ正宗の「生酒」、地下天然水で醸造された「京町屋ビール」
樽生三種でしょう!
(京都町家麦酒ケルシュ・京都花街麦酒アルト・京都はんなりIPAの3種類の飲み比べセット)
140ml×3 1,000円

そして、手間暇がかかり過ぎる希少酒…純米大吟醸「しずく酒」も、こちらの利き酒処336で頂けるそうです。
お酒好きには、たまりませんね~!

★蔵元から0度で直送!純米大吟醸しずく酒
90ml 800円
180ml 1500円
アルコール度数16度

★金鵄正宗飲み比べセット、純米酒:特別純米酒:純米大吟醸 あげ麩付き!
50ml×3 1,000円

336カウンター3

そんな美味しいお酒は、キンシ正宗株式会社のバックアップの甲斐あって、清酒の全種類!クラフトビ-ル樽生も全種類頂く事が出来ます。
全種類ですよ!(全部は、無理だけど)
清水寺に来るたびに、少しづつコンプリートしていかないと…ダメですよ!(笑)

もちろん酒の肴も美味しい処を押さえていますよ。

★ゆば泉 生ゆば500円
★東山八百伊 つけもの盛り合わせ600円
等…です!

でも、もし連れの方がお酒が飲めなかったら?
大丈夫です!ソフトドリンクも甘味処も、ご用意してます!

利き酒336店内定番メニュー

336メニューそれでは、定番メニューから見ていきましょう!

日本酒

金鵄正宗
純水酒
90ml300円
180ml500円
金鵄正宗
特別純粋酒
90ml400円
180ml600円
金鵄正宗
純粋吟醸
90ml400円
180ml600円
金鵄正宗
純粋大吟醸 祝
90ml500円
180ml1,000円
しずく酒(生酒)
純粋大吟醸
90ml800円
180ml1500円
松尾久兵衛
純粋大吟醸
90ml1,000円
180ml1,900円
本醸造 金閣
(熱燗)
180ml600円
利き酒セット
(あげ麩付き)
50ml1,000円

麦酒(ビール)

京都町屋麦酒ケルシュ M275ml600円
L450ml1,000円
京都花街麦酒アルト M275ml600円
L450ml1,000円
京都はんなりIPA M275ml600円
L450ml1,000円
サントリープレミアムモルツ M275ml500円
L450ml800円
利きビールセット 140ml×3 1,000円

果実酒

梅酒 京梅だいだい 600円
梅酒 京梅くれない 600円
柚子酒 柚子風 600円

ソフトドリンク

ホットコーヒー 400円(コロンビア産アラビア種100%)
カフェラテ 600円
エスプレッソ 600円
カプチーノ 600円
アイスコーヒー 400円
紅茶 400円
コーラ 400円
ジンジャエール 400円
オレンジジュース 400円
アップルジュース 400円
ウーロン茶 400円

つまみ

冷奴 300円
生ゆば(ゆば泉) 500円
鯖寿司〈2カン〉 700円
鴨ロース 600円
枝豆 300円
あげ麩(半兵衛麩) 300円
クリームチーズ 500円
漬物盛り合わせ(東山八百伊) 600円
アイスクリーム 500円

※()内は取り寄せの店名です。

甘酒・抹茶

甘酒〈アイス・ホット〉
ノンアルコール
500円
抹茶〈和菓子付き〉 1,000円

※ビール・ソフトドリンクのテイクアウトも出来るようですよ!

カウンターには、手書きのスペシャルメニュー等もあって、思わず注文しまいます!

336カウンターメニュー

写真のメニューは、
京都丹波ワイン赤・白(アンサンブラージュ)
ハーフボトル 370ml 1,300円
他にも…
神宮丸田町リンデンバーグ 酒粕ソーセージ1,000円(キンシ正宗の酒粕を使用、当店限定)
神宮丸田町リンデンバーグ 季節のソーセージ3種盛り1,300円(水尾の柚子・京七味・京番茶)
なんてメニューも!

いずれにせよ、ここ利き酒処336でしか味わえない味があります。
京都の清水寺に寄った際には、立ち寄りたいお店の一つになるはずです。

※店内の飲食は消費税10%、料金は税込価格です。
※テイクアウトのお酒は消費税10%、ソフトドリンクは8%です。

利き酒336のミニギャラリー

壁一面に酒器がズラッと、陶芸作家さんの作品が並んでいます。
もはや美術館?ミニギャラリーです。

336ミニギャラリー

しかも、酒器にもこだわっていて、京焼・清水焼の酒器で頂けると言うから…痺れます!
さらに、京焼・清水焼の作家作品である徳利や猪口も選んで使えるなんて…お酒も美味しくなるわ(喜)

もしも、気に入った品があれば、購入も可能とか…。
興味があれば、是非、見に来てみては?

利き酒処336の金鵄正宗特約店キンシ正宗株式会社

天明元年(1781年)堀野家の初代松屋久兵衛が京都の名水を使用して作った「金鵄正宗」は京都を代表する銘酒で知られています。
キンシ正宗株式会社は、本社が京都市伏見区にあり、清酒の生産・販売をおこなう会社です。

蔵元の構内には、名水百選に選ばれた常磐井水があり、毎時70トンもの美味しい水が湧き出ています。
美味しい水と伝統の技法で、銘酒が作り出さりているんですね。

キンシ正宗株式会社の代表の銘柄は

松屋久兵衛 最高級純米大吟醸酒
金鵄正宗 純米大吟醸、純米吟醸、純米酒
金閣 本醸造
銀閣・桃山 普通酒

等が有名です。勿論!利き酒処336で頂くことが出来ます。

キンシ正宗株式会社 概要

住所 〒612-8081
京都市伏見区新町11丁目337-1
TEL 075-611-5201
FAX 075-611-0080
創業 天明元年(1781)
設立 昭和11年(1936)11月
代表者 堀野 恭史
(代表取締役社長)
資本金 4,000万円
公式サイトURL http://www.kinshimasamune.com/

老舗酒蔵の会社の事をこんなに調べたことなど無かったから、どんな会社か興味津々でした。
あまりお酒は強くないので…お酒に興味を持ったことが無かったんですけど、色んなことが分かって勉強になりました!

キンシ正宗のキンシって…何?の口コミ!

キンシ=金鵄(金色のトビ)を言います。
実は金鵄とは、「日本書紀」や「古事記」に出てくる縁起の良い架空の生き物と言われています。

日本の初代天皇 神武天皇(天照大御神の子孫)が、現在の宮崎県辺りから奈良県にかけて勢力拡大し、奈良県に都を造り日本国を建国したと伝えられています。
その日本国建国を導いたとされるのが…金色に光るトビ=金鵄と言う訳なのです。
縁起物何ですね。日本人は縁起物が好きだから…

独断と偏見ではありますが、創業1781年から239年たった今も、きっと縁起の良い会社名の恩恵に預かっているのかなぁ…なんて、勝手に思っています。

利き酒処336でテイクアウト

店内での飲食もさることながら、テイクアウトが出来ると聞き、早速テイクアウトを注文してみました!
もちろん、ここから歩き呑みをするつもりです。

336テイクアウトビール

京都町家麦酒ケルシュ Mサイズ 600円(税込)

336テイクアウトジンジャエール

ソフトドリンク ジンジャエール 400円(税込)

ご覧の通り、料金は税込価格です。
テイクアウトにして清水寺まで喉を潤しながら散策です!
これも楽しみの一つですよね。

利き酒処336のまとめ

京都駅から、徒歩で清水寺まで散策しながらやってきました。
「秋を満喫!京都ウォーキングツアー」を勝手に敢行中!
2泊3日の最終日なんです。締めを飾るのは勿論、清水寺ですが…

個人で勝手に歩き回っているので、興味があるお店はドンドン見て回れるのがいいです!
他にも、京都の美味しいお店とか回っているんですよ。
鴨川辺りは美味しいお店がいっぱいありました!
もし、興味があれば、「Kawa Cafe」とか「イカリヤ食堂」とかも合わせて読んでみて下さい。
Kawa Cafeの口コミ
イカリヤ食堂の口コミ

清水寺は修学旅行ぶりなので、ワクワクしながら「大人修学旅行」気分です。
大人なので、お酒だって飲んじゃいますよ!

336吹き抜け
そんな時に「利き酒処336」が目に留まりました!
お店はお洒落だし、老舗酒蔵の金鵄正宗特約店だし、寄らない手はありません!

京都でまた、素敵なお店を見つけちゃいました。
清水寺に行くことがあれば、立つ寄ってみてはいかがでしょうか。

お店を出ると、しっとり落ち着いた京都っぽい茶わん坂から、清水寺の三重の塔が見えます。

茶わん坂裏の五条坂から清水寺へ向かえば、清水道(松原通り)に出ます。

清水道(松原通)こちらの道を行けば、お土産物屋さんが立ち並び、観光地らしい雰囲気が楽しめます。
私は、茶わん坂から行きましたけどね!

336テクアウトドリンク楽しい清水寺はこれから散策してきます。
最終日!楽しむぞぉ~!

いかがでしたか?参考になりましたか?
お役に立てたら幸いです。

以上、shinobuリポートでした!